利用目的で変わる賃貸マンションの消費税

平成26年4月に消費税が5%から8%になり、29年4月には10%になることが予定されています。 増税に伴って、生活必需品に対する軽減税率が焦点になっていますが、平成2年の消費税導入当初より、一部の取引は非課税とされています。  不動産の取引に関連しては、居住用の家賃は非課税、事業用などの家賃は課税されることになっています。  賃貸マンションの場合、用途が住居の場合は、会社が借りて社宅として利用する場合も含めて、消費税は非課税扱いになります。

Copyright ©All rights reserved.賃貸マンションのチェックポイント.